NURO光とドコモ光を4つのポイントから比較

NURO光とドコモ光を4つのポイントから比較

 

2014年にNTT法が改正され、ドコモのスマホとNTTの光回線を一緒に契約すると割引が効く「ドコモ光」が2015年からスタートしています。

 

私がその話を知ったのはNURO光契約後だったのですが、仕事柄インターネット回線には興味があり色々と調べてしまいました。もし、ドコモ光の方がパフォーマンスが良ければ次の引っ越しの時は乗り換えても・・という思惑もありました。

 

このページでは、ドコモ光と現在私が利用中のNURO光を4つの項目で比較しています。ちなみにドコモ光もNURO光も利用するネット回線はNTTNの光回線です。

 

1、利用料金
2、申し込み時のキャンペーン
3、工事料金に関して
4、回線速度
5、タイプ別 自分に合うのはドコモ光かNURO光どちらか?

 

 

ドコモ光 VS NURO光

 

工事料金

月額

スピード

キャンペーン

契約期間

ドコモ光

18,000円
(新規)
7,600円
(転用)

5,200円 or 5,400円
or5,000円+プロバイダ料金

下り(ダウンロード)
最大1GB(1048Mbps)

ドコモのスマホ契約が
条件で各種割引有

2年

NURO光

40,000円
(実質無料)

4,743円
プロバイダ料金込

下り(ダウンロード)
最大2GB(2048Mbps)

3万円キャッシュバック
初月月額無料 他

2年

 

※1 ドコモ光の月額は選ぶプロバイダによって3種類のうちどれかに決まります。
※2 ドコモ光の初期工事費は転用、新規共に実費でかかります。
※3 NURO光の初期工事費はキャンペーンで実質無料です。工事費無料の詳細と注意点

 

表を見る限りですと、利用料金、回線速度、キャンペーンの充実度共にNURO光の完勝です。

 

ただ、インターネット回線は数字の比較だけで決めると痛い目に合う事もありますので、料金、スピード、キャンペーン、工事費の4項目についてドコモ光とNURO光を比べながら調べた事をまとめていきます。

 

 

1、利用料金

 

ドコモ光はスマートフォンの契約を前提にしていますので、上記の表の金額+スマホ料金−各種割引で月額が決まります。

 

docomoの場合、ご存じスマホの料金体系が複雑な上に、スマホのプランに応じて割引が変化しますし、割引も2種類あります。ドコモ光がNURO光よりコスパが良くなるパターンを探したのですが、1人で契約する場合NURO光より月額が安くなるパターンはスマホで20GB(月額16,000円)以上のプランを契約している場合のみです(戸建ての場合)

 

NURO光+スマホで考えた場合でも、NURO光はSoftBankのスマホを使えばホワイトコールやおうち割 光セットが効くため、ドコモ光より結局安くなります。

 

また、NURO光ユーザーがスマホのネット回線を格安SIMや、WiMAX2などにした場合、ドコモ光が料金的にNURO光やりやすくなるパターンは私が調べた限りありませんでした。

 

 

2、申し込み時のキャンペーン

 

ドコモ光のキャンペーン

 

docomohikariryoukin

1、10,800円割引
2、プランに応じた月額割引
3、新規契約の場合工事費無料

 

の3つのキャンペーンを行っていますが、いずれもiPhoneやタブレットなどドコモが指定した端末を同時契約する事が条件となります。

 

NURO光のキャンペーン

 

nurocampaign

1、30,000円キャッシュバック
2、工事費実質無料
3、契約月の月額無料
4、カスペルスキー(セキュリティソフト)無料

 

NURO光の場合、インターネットの契約だけで上記4つのキャンペーンが受けられます。

 

ただし、NURO光は公式プロバイダのSo-net以外からも、販売代理店などから申し込む事ができ、どのチャネルから申し込むかでキャンペーン特典やキャンペーンを受け取れる条件が大きく変わります。NURO光の申し込み先別 キャンペーン特典

 

 

3、工事料金に関して

 

NURO光はフレッツ光からの転用(移動)でも新規扱いとなり、工事費は一律4万円です。これをキャンペーンで実質無料にしています。詳しくはこちらに書きましたので省略します。NURO光の工事費キャンペーンと注意点

 

対してドコモ光はフレッツ光から転用してきた場合、7,600円。新規で契約した場合、18,000円かかります。フレッツ光から転用してスピードを1GBに上げずに100Mbpsで据え置くのであれば、工事費は無料です。

 

 

4、回線速度

 

スペックを見るとNURO光のダウンロード最大2GBに対して、ドコモ光は1GBですからNURO光の方が2倍早い計算にはなりますが、スピードは利用者数やプロバイダの処理速度の影響をもろ受けますので、カタログ表記のスピードだけで判断するのは早計です。

 

また、身もふたもない話ですが、私は20Mbps以上出ていれば、問題ないと思っていますのでスピードに関してはほとんど気にしていません。回線速度別・ネットサーフィンや動画を観た時ののダウンロード時間の比較

 

また、スピード以上に重要なのは回線の安定感(途中で切れたり、急にスピードが遅くなったり等がない事)ですが、ドコモ光、NURO光いずれもフレッツ光の回線を使っていますので、回線の安定感に差は出にくいです。

 

あとは、プロバイダの問題になりますが、以前はプロバイダによって処理速度が違ったり、Youtubeの規制を噂されたプロバイダ(OCN)もありましたが、現在は大手に関してはそういう話は聞きません。

 

NURO光のプロバイダはSo-net1社、対してドコモ光は17社から選べますが、So-netは長年光回線のプロバイダ事業を営んできた実績があるため、問題はないと思います。少なくとも私が使っている限り、極端にスピードが落ちたり、動画を規制されたりといった事はありませんでした。

 

 

総評 NURO光とドコモ光の評価

 

ドコモ光にメリットが出るパターンもあるが・・現実的でない

 

上に上げた4項目全てでNURO光が完勝です。
ドコモのスマホを使っている人の場合、割引金額を考えても、導入時の工事費やNURO光の3万円キャッシュバックを考えると月額以外に4万円以上差がつきます。

 

これを踏まえて正確に計算すると、ドコモ光の光シェアパック20(月額16,000円、月間20GB)以上のスマホプランを利用している場合、インターネット+スマホ料金の合計でNURO光よりも安くなります。(NURO光ユーザーがドコモのスマホを利用している場合に限る)

 

ただし、スマホで月間20GBは個人で使い切れるデータ通信量ではなく、もし20GBの契約をするのであれば自宅のネット回線もスマホのテザリングで十分まかなえますので、そもそも固定回線の契約自体不要だと思います。ちなみに私はホームページの管理や動画のダウンロード等を仕事でしていますが、それでも月間8〜10GB程度しか使いません。

 

また、スマホのデータ通信に16,000円かけるのであれば、データ通信量を5GB前後(5,000円)にして、固定回線を自宅に引いた方が月々の支払いは6,000円以上安くなります。

 

 

NURO光の注意点

 

最大の注意点はNURO光のサービスエリアは関東に限定されている事でしょう。フレッツ光に入会しているから必ずNURO光に加入できるわけではありません。その他、NURO光に関する評判や私自身が実際に使って感じた注意点などはこちらにまとめました。

 

NURO光の悪い評判を集めました。
NURO光の良い評判を集めました。

 

また、NURO光は申し込み先が複数あり、どの媒体から申し込むかでキャンペーン特典や受取条件に大きな差が出ます。私は代理店を含めて複数社吟味した結果、So-netの公式サイトから申し込みましたが。が、So-netの公式サイトも前述の通り2種類あり、申し込んだ時のキャッシュバック金額が違います。NURO光の申し込み先別 キャンペーン特典と受取の条件

 

 

NURO光に申し込む前にキャンペーンを細部まで確認したい理由

NURO光はプロバイダのSo-net以外の販売チャネルから申し込む事ができます。

それぞれキャンペーン(主に)キャッシュバック金額が違います。また、キャッシュバックを受け取るために必要な条件や、オプション契約等もあります。

キャッシュバック金額で申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事がありますので、私は各申し込みチャネルのキャンペーン特典と受取条件等を最初に確認する事にしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン特典と受取条件一覧表と注意点