NURO光でテレビの地デジ対応を最安値でする方法

NURO光では地デジ・BSの対応はできない

 

NURO光 地デジ

 

フレッツやケーブルテレビからNURO光への乗り換えを考えている人の中には、インターネット回線を使って地デジを視聴している人がほとんどだと思います。

 

NURO光は地デジに対応したサービスがないため、NURO光へ乗り換えと同時にフレッツ光やケーブルテレビを解約すると地デジが見られなくなります。ですので、NURO光へ乗り換え(契約)前に地デジを見るための対策を立てる必要があります。

 

このページでは、これからNURO光への乗り換えを考えているが地デジ対策がネックになっている方向けに、NURO光、フレッツ光、それぞれ地デジ対応まで含めた際にかかる費用の比較をしています。

 

 

NURO光で地上デジタル対応する方法

 

NURO光を開通した後も地デジを視聴するためには、以下の3つしか方法がありません。意外と知られていないのですが、auひかりやスカパーでも地デジの対応はできません。

  • UHFか室内アンテナを設置する
  • フレッツ・テレビに加入する
  • ケーブルテレビのテレビ契約を残す

 

将来まで考えたライフサイクルコストはアンテナが最安値

 

フレッツ・テレビはフレッツ光に加入している人のためのサービス(ネットのオプション扱い)なので、フレッツ光を解約しフレッツ・テレビだけ単独で加入する事はできません。フレッツ・テレビを使いたい場合はフレッツ光のネット契約を残す必要があります。

 

ケーブルテレビの場合は、地デジのみや、地デジ+BSだけの契約のみを残す事ができますが、毎月の月額が一生かかり続けるデメリットがあります。

 

新しくインターネット回線としてNURO光を導入するのであれば、フレッツ光の契約を残すことは現実的ではありませんし、CS(多チャンネル)放送を見ないのであれば、地デジ(BS)対応のためのみにケーブルテレビに月額を払い続けるのもコスト的には損です。

 

結果として、NURO光を契約する際の地上デジタル対応として最安値はアンテナを建てる事になります。完全に消去法ですが。

 

 

フレッツ光とNURO光+アンテナ 具体的な料金差はいくらなのか?

 

NURO光とフレッツ光+フレッツTV(既に導入済みとこれから導入)をする際にかかる料金は下の表の通りです。NURO光のアンテナ設置費は相場の4万円で計算しています。料金はいずれも戸建ての料金です。アンテナ設置の相場について

 

NURO光+アンテナ

フレッツ光(導入済み)

フレッツ光 新規契約

アンテナ設置費

\40,000

\0

\0

導入工事費

\0

\0

\18,000

契約手数料

\3,000

\0

\800

月額

\4,743

\5,760

\5,760

キャッシュバック

\30,000

\0

\0

2年間合計

\126,832

\138,240

\157,040

3年間合計

\155,290

\172,800

\191,600

 

NURO光、フレッツ光いずれもキャンペーンを効かせるためには、2年縛りがかかります。その2年間を使い切った際の合計料金は、アンテナを4万円で建ててもNURO光の方が、約12,000円安くなっています。2年目以降も、月額がフレッツ光より約1,000円安いため料金差は広がり続けます。NURO光の月額料金と工事料金

 

NURO光は申し込みの際に3万円のキャッシュバックが適用できるため、案外早くアンテナ設置の費用を回収できる計算です。

 

フレッツ光 フレッツ光の料金詳細

 

フレッツ光+フレッツ・テレビ(戸建ての場合)

  • 月額料金4,600円(にねん割など各種割引が適用された場合)+プロバイダ料金 500円〜=月額5,100円〜
    (2年割適用後の月額)
  • フレッツ・テレビ月額利用料 660円

合計 月額5,760円〜

 

結論としては、コストを重視して光回線を選ぶのであれば、フレッツ光への乗り換えを考えている方はもちろん、既にフレッツ光導入済みの方でもNURO光+アンテナに切り替えた方が将来的には安くつきます。NURO光とフレッツ光を4つのポイントで比較

 

ただし、コスト以外にも工事の手間や、現状フレッツ光で不満がない方は、月額の差は1,000円ですし敢えて乗り換えなくてもいいのかなと思います。

 

また、現状ケーブルテレビで多チャンネル(CS放送)を見ていて電話、ネット、TVの3サービスを使っている方は、NURO光でアンテナ+スカパー契約をした方が安くつきますが、それはそれで手間ですので不満がない限り、こちらも敢えて乗り換える必要はないと思います。

 

 

NURO光のキャッシュバックキャンペーンについて

 

NURO光は契約の際にどこから申し込むかによってキャンペーン特典が変わります。また、NURO光公式サイト(So-net)からの申し込みでも複数のキャンペーンを行っています。

 

 

私が調べた限りでは、NURO光の公式サイトから3万円のキャッシュバックを付けて申し込む方法が最も安くNURO光を利用できます。どこから申し込んでもサービス内容に差はありませんので、純粋に一番安くなる申し込み先から申し込むのがいいと思います。NURO光 3万円キャッシュバックページと申し込む前の注意点

 

 

具体的に地デジアンテナの設置費用はいくらかかるのか?

 

地デジを視聴するために立てるアンテナの値段はピンからキリまでですが、最も安い屋内用のアンテナだと1,100円程度から購入することが可能です。ただし屋内用ではしっかり電波を受信できない恐れがあるため、より確実に地デジの電波を受信するためには屋根に立てるアンテナ(UHF)の方が安心だと思います。

 

屋根に立てるアンテナでも安いものは2,500円前後から販売されています。調べた限り一般的な相場ですと、UHFアンテナの料金+業者の設置費用込みで、地デジのみだと3〜4万円、BSもつけると+1万円前後と言うイメージです。

 

例としてヤマダ電機の料金を調べましたが、地デジのみ(UHFアンテナ)をベランダなら15,000円〜、屋根の上なら20,000円〜の工事費で依頼することができるようです。

 

地デジアンテナ 料金

画像はヤマダ電機のHP(http://www.yamada-denkiweb.com/info/wcontents/kouji_tvantena.html)から引用

 

テレビを2台以上見る場合は、ブースターの設置や分配工事(分配器取り付け等)を別料金で行う必要があるためやはり3万円〜5万円くらいの間になりそうです。

NURO光に申し込む前にキャンペーンを細部まで確認したい理由

NURO光はプロバイダのSo-net以外の販売チャネルから申し込む事ができます。

それぞれキャンペーン(主に)キャッシュバック金額が違います。また、キャッシュバックを受け取るために必要な条件や、オプション契約等もあります。

キャッシュバック金額で申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事がありますので、私は各申し込みチャネルのキャンペーン特典と受取条件等を最初に確認する事にしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン特典と受取条件一覧表と注意点