NURO光は無線LAN(ルーター)不要 ONUの役割と種類を解説

NURO光は無線ルーター不要で無線接続ができる

 

NURO光 ONU

 

フレッツ光などは家の中でインターネットを無線(Wi-Fi)で使いたい場合は、別途無線LANルーターを用意してモデムと接続するなど複数機器の配線が必要で、ルーターの無線設定等も手間がかかりました。

 

NURO光の場合は、モデムの代わりにONU(上の写真の黒い機械)という機器を取り付けるのですが、このONUは無線LANルーターの機能も持っているため、別途無線ルーターを用意することなく無線(Wi-Fi)接続ができます。1分でわかる ONUの役割と無線設定の方法

 

ただし、このONUも何種類かありそれぞれスペックが違いますが、どのONUが付けられるかは工事の時に工事班が持っているものになります。このページではNURO光で取り付けられるONUの種類や、Wi-Fi規格等、ややマニアックな事を書いています。

 

 

NURO光で取り付けられるONUは5種類ある

 

NURO光では工事の際、ONUは下の5種類のうちどれかが取り付けられます。どれが取り付けられるかはその時工事班が持ってきているものになりますが、最近はほとんど新機種を取り付けて行くようです。※赤字が新機種

  • ZXHN F660T(IEEE802.11ac非対応) 
  • HG8045j(IEEE802.11ac非対応)
  • HG8045D(IEEE802.11ac非対応)
  • ZXHN F660A (IEEE802.11ac対応)
  • HG8045Q (IEEE802.11ac対応)

IEEE802.11ac対応とは?

 

各ONUのスペックはNURO光の公式サイトに書いてありますが、ある程度知識がないと何が書いてあるのかわからないと思います。普通に使う分には下記の事を押さえておけば問題ないです。

 

ONUは、機種によって対応している無線LANの規格が異なり、IEEE802.11ac対応と非対応の2パターンあります。この2パターンの最大の違いはWi-Fi接続時の「スピード」です。具体的には、IEEE802.11ac対応は無線(Wi-Fi)接続時の最大速度が1300Mbps、非対応は最大速度が450Mbpsです。

 

どのONUも市販の数千円で買える無線ルーターよりスペックは上ですが、Wi-Fi接続をした際のスピードにこだわるのであれば、IEEE802.11acに対応したZXHN F660AかHG8045Qを取り付けてもらうべきです。F660AとHG8045Qはどちらが高性能なのか?

 

NURO光のONUは交換可能(新規契約者は無料)

 

NURO光では工事の際に工事担当者がONUを持参し取り付けが行われます。ONUはランダムで出庫され基本的に希望の機種を選ぶことができません。

 

もしIEEE802.11acに対応していない機種が取り付けられた場合には、NURO光へ連絡をすれば無料でIEEE802.11ac対応のONUへ交換することが可能です。取り付けられた機種がIEEE802.11ac対応か非対応かは、工事担当者へ確認すると良いでしょう。

 

ただし、既にNURO光を契約して時間が経っている方がONU交換をする場合、取り付けの手数料が10,000円かかります。ですので私は交換しませんでした。

 

 

ONUとは?1分でわかるONUの役割

 

ONUとは?無線設定の方法

 

NURO光を申し込むと工事が行われますが、宅内工事の際にONUが接続されます。ONUとは光回線を使うときに必ず必要になる機器です。

 

<ONUの設置場所の例>

NURO光 ONU

無線設定の方法はSo-net公式サイトの通りにやればPCが苦手な方でも簡単にできます→NURO 光のインターネット接続設定方法(So-net公式)

 

光回線ではなくアナログ回線で利用していたときはモデムを繋げていたことを覚えている人も多いのではないでしょうか。モデムは回線から流れてくるアナログ信号を、インターネットを使うためにデジタル信号に変換する機器です。

 

光回線からはアナログ信号ではなく光信号が流れてくるため、インターネットを使うためには光信号をデジタル信号に変換する必要があります。この変換する働きをするのがONUです。

 

ONUの役割

 

役割としてはモデムと同じで、どちらもモデムやONUが回線から流れてくる信号を変換することでインターネットの利用が可能になります。

 

さらにインターネットを利用する際、ルーターを使ったという記憶がある人も少なくないでしょう。モデムやONUは信号を変換する役割がありますが、複数の端末と同時に通信する機能がありません。昔はひとつの家族が1台のパソコンを所有しているのが一般的だったためそれで問題ありませんでした。

 

しかし現在ではパソコンもスマホも1人1台所有していることが多いでしょう。

 

その結果、ひとつの家庭の中で複数台の端末が同時にインターネット接続できる環境が求められてます。これを可能にするのがルーターです。さらに現在では無線でインターネットを使うことが普通になっています。ルーターには無線で通信する機能を搭載した無線LANルーターがあり、無線LANルーターを使うことでパソコンもスマホも無線で同時にインターネット接続して使用できるのです。

 

NURO光のONUはルーター機能も備え、無線LANが標準搭載されています。NURO光のONUは単体で、複数台の機器を無線で同時接続させることができる機器なのです。

 

 

無線LANの規格について

 

無線LAN(Wi-Fi)には以下の規格があり、規格によって通信可能な速度が変わります。

  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11ac(新しい、高速通信可能)

規格を見ると分かる通り、それぞれ最後のアルファベットが a/b/g/n/acと違います。

 

a/b/g/nは従来からある無線LANの規格で、acは世代無線LANと呼ばれる超高速通信が可能な無線規格です。

 

無線LANは規格ごとに利用する周波数帯域が変わります。IEEE802.11aが5GHz、bとgが2.4Ghz、nが2.4GHzと5GHz両方、acが5GHzです。

 

2.4Ghzは電子レンジなど家電製品に多く使われる帯域で、自宅だけでなく隣家の家電製品からも干渉を受けやすいというデメリットがありますが、壁などの障害物に強いという特徴があります。5GHzは家電製品の干渉を受けにくい反面、障害物に弱く対応している機器が少ないというデメリットがあります。

 

新しい規格であるIEEE802.11acは5Ghz帯ですが、少し離れた距離や障害物がある環境でも障害が起こりにくく安定した高速の通信を行うことが可能です。

 

IEEE802.11acは1300Mbpsという高速での通信に対応しているため、最大2Gbpsの速度で通信ができるNURO光を使うのであれば、速度を最大限に生かすためにもIEEE802.11acに対応したONUを利用することが望ましいといえます。

NURO光に申し込む前にキャンペーンを細部まで確認したい理由

NURO光はプロバイダのSo-net以外の販売チャネルから申し込む事ができます。

それぞれキャンペーン(主に)キャッシュバック金額が違います。また、キャッシュバックを受け取るために必要な条件や、オプション契約等もあります。

キャッシュバック金額で申し込み先を決めてに契約をすると、大きな失敗につながる事がありますので、私は各申し込みチャネルのキャンペーン特典と受取条件等を最初に確認する事にしています。

NURO光 申し込み先別のキャンペーン特典と受取条件一覧表と注意点